効果バツグン!夜だけ炭水化物抜を抜くだけでOK!

朝や昼には好きなものを食べ、夜だけヘルシーな野菜スープやこんにゃくなどを食べるこの方法。
急激に体重を減らすというよりは、じわじわと長期戦で行う方にオススメです。
女性の場合は特に、前日の晩御飯で身体や顔がむくんでしまう方も多いようです。
1ヵ月で−1.5kgと体重も減量できて、むくみもなくせる一石二鳥の方法をご紹介します。

美味しいものは高カロリー

ご飯にお肉、パンにスパゲティなど、美味しいものは炭水化物を含んでいます。
この方法なら好きなものを食べながら、1食だけをヘルシーにするだけで体重が減らせます。
続ける秘訣は、朝起きれば好きなものがガッツリ食べられるんだから今だけ我慢しよう!そういう気持ちを持つことです。

炭水化物じゃなければ何でもOK

仕事で疲れて帰宅し、それから料理をする元気も出ない。
お弁当でも買って帰ろうかな…それが習慣になって、痩せない。
あ!自分のことだ!と、ドキっとした方いませんか?
お腹は空いてないけど、何か食べないと気が済まない。
そんなタイプの方も多く、せっかくの1食を食べたいものというよりは適当に食べてしまい、結果的に太ってしまっているありさまです。
わざわざヘルシーなものを作ったりしなくても、女性の場合は、夜だけフルーツ!など、気楽にスタートしてみてください。

その分、朝食はしっかりと食べましょう

せっかくダイエットを実践しても、1日3食取らなければ意味がありません。
「朝ごはんを抜けば1日の摂取カロリーを減らせるから痩せる」
そう誤って認識されている方も多いですが、実際は誤りです。
いつ身体にエネルギーが入ってくるかわからないため、身体がエネルギーを溜めこもうとします。
夜ご飯も抜いてしまうのではなく、ヘルシーなものを必ず口に含むことがダイエットの近道です。

多少の炭水化物でも少量ならOK

炭水化物を完全に排除するというよりは、少量の炭水化物で全体的な夜ご飯の量を減らすことでもOKです。
「極端に夜ご飯を減らしてしまうと、栄養バランスが心配」
そんな方ならダイエットサプリやビタミン剤などで、栄養を補助していくのも良いかもしれません。

減らすのは夜ご飯だけでOK

欲張って朝や昼ご飯の量を減らしたり、炭水化物を排除する必要はありません。
その時、一時的に体重は減らせてもリバウンドの原因になります。
長期的に計画を立て、緩やかにかつ確実に減量を望むことがダイエット成功への最大の近道です。