食べる順番を変えるだけ?-2kgのお手軽な食事方法

「野菜を先に食べると太りにくい」そんな噂聞いたことありませんか?
野菜から食べることで満腹感が感じられ、食事の量を減らせるの?
それももちろんですが、このダイエット法には痩せられるちゃんとしたカラクリがあったんです。

あなたは何から箸をつけますか?

普段何気なくしている食事。
ご飯、汁物、肉、魚、野菜など、箸をつける順番があなたの体型を大きく左右しています。
「知らなかった」そんなあなたでも大丈夫。
これを読んだ後の食事から、気軽に実践してみて下さい。

まずは野菜から食べましょう

食事をする際に、野菜から食べるだけで1ヵ月で−2kgの減量に成功しました。
私の場合は特別かもしれませんが、野菜を先に食べることで、噛み疲れてしまい食べる気力がなくなり、食事の量自体も少し減っていました。
もちろんこのように満腹中枢を刺激することにも作用するこの方法。
しかし、もう一つの痩せる理由がありました。

血糖値があがりにくくなるの?

このダイエット方法の本当の狙いは、野菜から食べることで急激な血糖値の上昇を抑えることにあります。
血糖値が急に上がることで、血糖値を調整しようと「インスリン」というホルモンが体内に分泌されます。
このインスリンは、糖分をエネルギーに変える働きをするものですが、多く分泌されてしまうと、余った糖分を脂肪に変えてしまいます。
つまり野菜から食べることで血糖値の急激な上昇を抑えて、インスリンが作り出す脂肪の量を抑える働きがあったのです。

太りにくい体質を作りましょう

このインスリンには、溜まっている脂肪をエネルギーに変える働きを邪魔してしまう働きもあります。
そこでインスリンの分泌量自体を減らすことで、脂肪を燃焼しやすく痩せやすい体質が作り出せます。
この好コンディションで、脂肪燃焼のドリンクやダイエットサプリを併用することで、より高い効果が見込めます。

野菜ジュースでも効果あり

「そもそも野菜なんて食べないし…」
そんな一人暮らしの方や、仕事上外食の多い方は、実践しにくいダイエット方法です。
しかし野菜ジュースで代用することも可能です。
栄養バランスを整えることでダイエットだけでなく身体が健康になっていくことも実感できます。
これまではまったく気に留めなかった「箸を付ける順番」今日から変えてみませんか?